専門医からのメッセージ

ファブリー病の治療の経験がある全国の専門医のメッセージです。

本コンテンツには未承認の内容が含まれる場合があります。掲載されている薬剤の使用にあたっては添付文書を参照下さい。

全国の情報一覧

  • 原因不明の心・腎・脳血管の症状や、その家族歴が確認された際は、ご相談ください

    NEW

    ファブリー病をどのように疑い検査をしたらよいのか、家系検索の重要性や新生児スクリーニングもお話しいただいています。

    • 診療科:小児科
    • エリア:沖縄県中頭郡
    • 琉球大学大学院 医学研究科育成医学(小児科)講座 准教授 知念 安紹(ちねん やすつぐ)先生
    原因不明の心・腎・脳血管の症状や、その家族歴が確認された際は、ご相談ください
  • 腎症状・心症状の背後にあるファブリー病を見逃さないために

    NEW

    原因不明の腎症状、心症状に遭遇した際にどのように疑い検査をしたらよいのか、ご自身の経験も踏まえてお話しいただいています。

    • 診療科:循環器内科
    • エリア:福岡県福岡市
    • 小倉記念病院 副院長 腎臓内科 部長 金井 英俊(かない ひでとし)先生
    腎症状・心症状の背後にあるファブリー病を見逃さないために
  • 心肥大の背後に潜在するファブリー病を見逃さないために

    ファブリー病と他の循環器疾患の鑑別等をわかりやすくご紹介しています。

    • 診療科:循環器内科
    • エリア:長野県長野市
    • 長野中央病院 名誉院長 山本 博昭(やまもと ひろあき)先生
    心肥大の背後に潜在するファブリー病を見逃さないために
  • ファブリー病患者さんの「元気に、長生き」を目指し治療をしています

    ファブリー病の頻度をご自身のスクリーニング研究から解説いただいています。また症状・治療もわかりやすく紹介いただいています。

    • 診療科:内科
    • エリア:北海道旭川市
    • 国立大学法人 旭川医科大学 内科学講座 循環・呼吸・神経病態内科学分野 講師 中川 直樹(なかがわ なおき)先生
    ファブリー病患者さんの「元気に、長生き」を目指し治療をしています
  • 疾患について知り、非特異的な症状から積極的に疑うことが必要

    多彩な症状を呈するファブリー病の心症状をわかりやすくご紹介しています。

    • 診療科:循環器内科
    • エリア:福岡県福岡市
    • 九州大学大学院医学研究院 循環器内科学 診療講師 肥後 太基(ひご たいき)先生
    疾患について知り、非特異的な症状から積極的に疑うことが必要
  • 患者さんの訴えや症状からファブリー病を疑うことが大切です

    ファブリー病は、適切な治療や生活環境を整えることで、病気の進行を遅らせ、日常生活におけるQOLの改善を期待することができます。ファブリー病の症状、診断、治療の実際について、全国の専門医による治療経験をふまえたメッセージをご紹介しています。

    • 診療科:小児科 / 神経内科
    • エリア:鳥取県米子市
    • 鳥取大学医学部 脳神経小児科 講師 成田 綾(なりた あや)先生
    患者さんの訴えや症状からファブリー病を疑うことが大切です
  • 腎移植を契機に診断されたファブリー病症例の経験から

    ファブリー病は、適切な治療や生活環境を整えることで、病気の進行を遅らせ、日常生活におけるQOLの改善を期待することができます。ファブリー病の症状、診断、治療の実際について、全国の専門医による治療経験をふまえたメッセージをご紹介しています。

    • 診療科:腎臓内科
    • エリア:香川県木田郡
    • 香川大学医学部 循環器・腎臓・脳卒中内科学 講師 祖父江 理(そふえ ただし)先生
    腎移植を契機に診断されたファブリー病症例の経験から
  • 患者さんの自立・就労を支えることも、私たちの役目

    小児科医の立場から、ファブリー病患者さんが、小児期にQOLを大きく障害する症状である四肢疼痛の特徴、対処法などをご紹介いただいています。

    • 診療科:小児科
    • エリア:宮崎県宮崎市
    • 宮崎大学医学部看護学科 基礎看護学講座 教授 澤田 浩武(さわだ ひろたけ)先生
    患者さんの自立・就労を支えることも、私たちの役目
  • ファブリー病の診断を理解しましょう

    ファブリー病の症状、診断、治療の実際について、全国の専門医による治療経験をふまえたメッセージをご紹介しています。

    • 診療科:小児科
    • エリア:東京都清瀬市
    • 明治薬科大学 臨床遺伝学講座 教授 櫻庭 均(さくらば ひとし)先生
    ファブリー病の診断を理解しましょう
  • 総合診療内科医として、ファブリー病の早期診断に努めています

    ファブリー病は、適切な治療や生活環境を整えることで、病気の進行を遅らせ、日常生活におけるQOLの改善を期待することができます。ファブリー病の症状、診断、治療の実際について、全国の専門医による治療経験をふまえたメッセージをご紹介しています。

    • 診療科:腎臓内科/総合診療内科
    • エリア:埼玉県入間郡
    • 埼玉医科大学 総合診療内科 教授 中元 秀友(なかもと ひでとも)先生
    総合診療内科医として、ファブリー病の早期診断に努めています
  • 腎症状の原因精査は、ぜひご相談ください

    ファブリー病の腎症状と所見を解説いただき、早期診断のために実施すべき検査、問診のポイントをご紹介いただいています。

    • 診療科:腎臓内科
    • エリア:岡山県岡山市
    • 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 血液浄化療法人材育成システム開発学 教授 杉山 斉(すぎやま ひとし)先生
    腎症状の原因精査は、ぜひご相談ください
  • 多職種連携による集学的アプローチで患者さんを支える

    治療可能な二次性心筋症であるファブリー病を見逃さないために作成された診断フローチャートと診療で重要な多職種連携の実際をご紹介いただいています。

    • 診療科:循環器内科
    • エリア:山形県酒田市
    • 地方独立行政法人 山形県・酒田市病院機構 日本海総合病院 循環器内科副部長 兼 救命救急センター医長 近江 晃樹(おおみ こうき)先生
    多職種連携による集学的アプローチで患者さんを支える
  • ファブリー病の新生児スクリーニングを推進

    ファブリー病の症状を解説いただき、福岡県全域で実施しているファブリー病新生児スクリーニングから得られた知見をご紹介いただいています。

    • 診療科:小児科
    • エリア:福岡県福岡市
    • 福岡大学医学部 小児科 主任教授 廣瀬 伸一(ひろせ しんいち)先生
    ファブリー病の新生児スクリーニングを推進
  • 疾患の存在と、特徴的な症状を頭の片隅に

    ファブリー病を疑うべき病態と、問診票を用い、疑い患者さんを見過ごさない取組みをご紹介いただいています。

    • 診療科:小児科
    • エリア:大阪府和泉市
    • 和泉市立総合医療センター 小児科 部長 澤田 智(さわだ とも)先生
    疾患の存在と、特徴的な症状を頭の片隅に
  • 小児期の手足の痛みに潜む、重要な疾患を見逃さないために

    小児ファブリー病患者の自覚症状「四肢疼痛」「腹痛」の解説と、診断前の遺伝カウンセリングの重要性を述べておられます。

    • 診療科:小児科
    • エリア:愛媛県松山市
    • 愛媛県立中央病院 医監部長 中野 直子(なかの なおこ)先生
    小児期の手足の痛みに潜む、重要な疾患を見逃さないために
  • 臨床症状や家族歴を丁寧に聴き取る姿勢が大切

    ファブリー病が呈する多彩な臨床症状の解説と、早期診断・早期治療の重要性を述べられています。

    • 診療科:腎臓内科
    • エリア:秋田県秋田市
    • 雄勝中央病院 副院長 秋田大学大学院医学系研究科 血液・腎臓・膠原病内科学講座 非常勤講師 小松田 敦(こまつだ あつし)先生
    臨床症状や家族歴を丁寧に聴き取る姿勢が大切
  • 治療機会を失わないために、少しでも疑わしい症状があればご相談ください

    ファブリー病は、早期診断が重要であり、循環器内科医は、原因不明の左室肥大を鑑別点に疑うべきであると述べられています。

    • 診療科:循環器内科
    • エリア:静岡県富士宮市
    • 富士宮市立病院 院長/循環器内科 佐藤 洋(さとう ひろし)先生
    治療機会を失わないために、少しでも疑わしい症状があればご相談ください
  • 早期発見・早期診断のために、小児科医が果たしうる役割が大きい疾患

    ファブリー病診療の重要なポイントとして、丁寧な病歴聴取と疾患、治療法の説明は時間を掛けて行う必要性を挙げられ、その解説をしていただいています。

    • 診療科:小児科 / 腎臓内科
    • エリア:愛知県大府市
    • あいち小児保健医療総合センター 腎臓科 医長 田中 一樹(たなか かずき)先生
    早期発見・早期診断のために、小児科医が果たしうる役割が大きい疾患
  • 蛋白尿を軽視せず、積極的に専門医にご相談ください

    ファブリー病の腎症状の特徴、見過ごしてはいけないポイントを詳しく解説いただいています。

    • 診療科:腎臓内科
    • エリア:広島県広島市
    • 広島大学病院 腎臓内科 教授 正木 崇生(まさき たかお)先生
    蛋白尿を軽視せず、積極的に専門医にご相談ください
  • 全身を包括的に診療できる施設の強みを、ファブリー病の診療にも活かしていきたい

    ファブリー病の女性・小児患者さんの特徴と、遺伝カウンセリングの重要性を述べられています。

    • 診療科:遺伝診療
    • エリア:大阪府和泉市
    • 地方独立行政法人大阪府立病院機構 大阪母子医療センター 遺伝診療科 主任部長 岡本 伸彦(おかもと のぶひこ)先生
    全身を包括的に診療できる施設の強みを、ファブリー病の診療にも活かしていきたい

全国の情報一覧

  • 会員限定 {{item.fields.common_title}}動画を開く電子書籍を開くPDFを開く

    NEW

    {{item.fields.common_overview}}

    • 診療科:{{item.fields.doctor_medical_subject}}
    • エリア:{{item.fields.doctor_area}}
    • {{doctor.belong}}{{doctor.name}}