トレリーフの作用機序と特徴

抗パーキンソン病薬で唯一の作用機序 “ T型カルシウムチャネル阻害作用 ”

再生時間:4分24秒

動画内ダイジェスト

T型カルシウムチャネルの働き

T型カルシウムチャネルは、低電位の活性化チャネルで静止膜電位に近い、わずかな刺激で活性化します。

T型カルシウムチャネルと神経発射

T型カルシウムチャネルの活性化により、「律動的な神経発射」、「同期化」、「バースト発射」を引き起こします。
パーキンソン病の視床下核ではバースト発射が起こっています。

T型カルシウムチャネルに関連する病態

T型カルシウムチャネルは、睡眠、痛み、てんかんなどとの関連が知られているが、パーキンソン病の主な症状である振戦や運動緩慢の治療ターゲットとしても注目されています。

T型カルシウムチャネルの発現部位

T型カルシウムチャネルは、振戦に関与する部位に多く発現しており、振戦の発現に関与していると考えられています。

T型カルシウムチャネル阻害作用と振戦の改善

トレリーフはT型カルシウムチャネル阻害作用を介して、パーキンソン病の振戦を抑制していると考えられます。

運動緩慢とT型カルシウムチャネルの関係(ラット)

T型カルシウムチャネルは振戦以外の症状として、運動緩慢にも関与していることが示唆されています。

トレリーフのT型カルシウムチャネル阻害作用と運動緩慢改善効果(ラット)

パーキンソン病モデルラットの視床下核にトレリーフを投与したところ、T型カルシウムチャネルを阻害することが確認され、ラットの歩行時間、歩行距離を優位に増加させたデータが報告されています。

エキスパートによる詳しい解説はこちら

抗パーキンソン病薬の中でトレリーフが唯一有する作用機序である「T型カルシウムチャネル阻害作用」について、みわ内科クリニック 院長 三輪英人先生にわかりやすくご解説いただきます。​
(視聴時間:約16分)

トレリーフの特徴

運動能力の改善効果を示しました。(UPDRS PartⅢ合計スコア変化量)

パーキンソン病の“運動緩慢”におけるトレリーフの有用性
 

wearing off現象の改善効果を示しました。(off時間の変化量)
 

wearing off現象の改善効果を示しました。(UPDRS PartⅡoff時合計スコアの変化量)

パーキンソン病モデル動物において、L-ドパ作用の増強効果及び延長効果を示しました(ラット)。

L-ドパ併用下における線条体細胞外液中ドパミン量上昇に対する増強作用を示しました(ラット)。

  • トレリーフの「効能・効果」は、「パーキンソン病(L-ドパ含有製剤に他の抗パーキンソン病薬を使用しても十分に効果が得られなかった場合)」です。

安全性情報

パーキンソン病患者の副作用

用量追加承認までの臨床試験842例中393例(46.7%)に臨床検査値異常を含む副作用がみられました。主なものは眠気(8.4%)、食欲不振(6.7%)、ジスキネジア(5.7%)、悪心(4.8%)、幻覚(4.4%)、気力低下(4.2%)等でした。(トレリーフ錠の用量追加承認時)
特定使用成績調査542例中62例(11.4%)に臨床検査値異常を含む副作用がみられました。主なものはめまい・ふらつき(2.4%)、幻覚(1.7%)、ジスキネジア(1.5%)等でした。(トレリーフ錠の再審査終了時)

パーキンソニズムを伴うレビー小体型認知症患者の副作用

承認時までの臨床試験435例中120例(27.6%)に臨床検査値異常を含む副作用がみられました。主なものは体重減少(5.3%)、眠気(3.2%)、食欲不振(2.5%)、発疹(1.6%)、幻覚(1.6%)、精神症状の悪化(1.6%)、転倒(1.6%)等でした。(承認時)

重大な副作用

悪性症候群(1%未満)、中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)(頻度不明)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)(頻度不明)、紅皮症(剥脱性皮膚炎)(頻度不明)、過敏症症候群(頻度不明)、再生不良性貧血(頻度不明)、無顆粒球症(頻度不明)、赤芽球癆(頻度不明)、血小板減少(1%未満)、急性腎障害(頻度不明)、間質性肺炎(頻度不明)、肝機能障害(頻度不明)、黄疸(頻度不明)、横紋筋融解症(1%未満)、腎・尿路結石(1%未満)、発汗減少に伴う熱中症(頻度不明)、幻覚(1%以上)、妄想(1%未満)、錯乱(1%未満)、せん妄(1%未満)等の精神症状

関連情報

パーキンソン病・レビー小体型認知症/トレリーフについてもっと知る