精神疾患への薬剤師の介入

毎月第1火曜日更新

精神科薬物療法におけるポリファーマシー対策や薬薬連携、地域連携など、薬剤師の精神科医療への介入について、指導者の立場、そして現場の立場からに分けて、それぞれの取り組み事例をご紹介します。

Vol.1 指導者の立場から(1)医療者として患者の「社会復帰」を支え、薬剤師として多職種をつなぐ

定岡 邦夫 氏

精神科専門薬剤師の定岡邦夫氏が、精神科薬物療法の変遷と現状、また、ご自身が院内で取り組んだポリファーマシー対策など病院薬剤師としての精神科医療への関わり方、外来薬物療法における薬薬連携と薬局薬剤師への期待などについて、指導者の立場から語ります。

関連情報

精神疾患の適応症を有する当社製品