慢性肝疾患に伴うそう痒症の現状


慢性肝疾患のかゆみの現状

肝炎、肝硬変、原発性胆汁性胆管炎(Primary biliary cholangitis:PBC)といった慢性肝疾患においては、抗ヒスタミン薬などの既存治療薬が奏効しない「難治性のそう痒症」を有する患者さんがいることが知られています。

「難治性のそう痒症」の患者さんは、耐え難いかゆみに1日中悩まされている状況にあり、その治療にも難渋するため、精神的・肉体的苦痛を常に感じQOLが著しく低下した状態にあります。

ここでは患者アンケートを中心に「慢性肝疾患のかゆみの現状」についてご紹介します。

慢性肝疾患におけるそう痒症の発現率

PBCやB型肝炎、C型肝炎、肝硬変などの慢性肝疾患患者さんにおいて、そう痒症は2.5~69%にみられると報告されていますが、客観的なかゆみの評価が難しいことから、原疾患や調査ごとで発現率は大きく異なり、明確な数値は明らかになっていません。しかし、日本における慢性肝疾患の受療者数は約45万人1)、肝炎の未治療者数は約170万人と推定されており2)、そう痒症を有する患者さんは少なくないと考えられます。

慢性肝疾患におけるそう痒発現率に関する報告

慢性肝疾患患者さんの生活状況

日本肝臓病患者団体協議会が実施した「肝炎患者の生活実態と意見」のアンケート調査3)によると、「身体がだるい」(25.5%)、「体力が弱ってきている」(22.9%)に次いで、「皮膚がかゆい」という意見が22.4%を占め、肝炎患者さんの約4人に1人がかゆみを訴えている実態が明らかになっています。

慢性肝疾患患者が「症状がある」と回答した項目(複数回答)

まとめ

  • 日本における慢性肝疾患の受療者数は約45万人、肝炎の未治療者数は約170万人にのぼり、そう痒症を有する患者さんは少なくないと考えられます。
  • 肝炎患者さんの約4人に1人にあたる22.4%がかゆみを訴えています。
  1. 2017年度厚生労働省患者調査
  2. Tanaka J. et al. Total numbers of undiagnosed carriers of hepatitis C and B viruses in Japan estimated by age- and area-specific prevalence on the national scale. Intervirology 2011; 54: 185-195.
  3. 日本肝臓病患者団体協議会:「肝臓のなかま」号外:3969,2012

関連情報

資材請求