プロレナール錠5μg:添付文書HTML版

添付文書

作成又は改訂年月

  • ** 2014年10月改訂 (第15版)
  • * 2013年7月改訂

日本標準商品分類番号

  • 87219

日本標準商品分類番号等

  • 再審査結果公表年月
    • 2009年12月
  • 効能追加承認年月
    • 2001年4月

薬効分類名

  • 薬効分類名称経口プロスタグランジンE1誘導体製剤

承認等

  • 販売名
    • プロレナール錠5μg

  • 3399003F1081

承認・許可番号

  • 承認番号
    • 21700AMZ00067
  • 商標名
    • PRORENAL

薬価基準収載年月

  • 2005年6月

販売開始年月

  • 1988年4月

貯法・使用期限等
 

    **貯法
    乾燥剤を同封した気密容器・室温保存
    (吸湿性を有するため、アルミピロー又は瓶の開封後は湿気を避けて保存すること)
    **使用期限
    外箱等に記載
    (開封後はなるべく速やかに使用すること)
規制区分
 

    規制区分名称処方箋医薬品注)
    注) 注意−医師等の処方箋により使用すること
組成
 

    成分・含量
    1錠中リマプロスト アルファデクスをリマプロストとして5μg
    **添加物
    デキストラン40、β-シクロデキストリン、乳糖水和物、カルメロース、軽質無水ケイ酸、ステアリン酸マグネシウム
性状
 

    剤形
    白色の素錠
    **外形
    直径(mm)
    6.5
    **厚さ(mm)
    2.9
    **重さ(mg)
    約95
    識別コード
    P632

一般的名称

  • リマプロスト アルファデクス錠

禁忌

 

(次の患者には投与しないこと)

    妊婦又は妊娠している可能性のある婦人〔「妊婦・産婦・授乳婦等への投与」の項参照〕

効能又は効果

 

  • 1.
    閉塞性血栓血管炎に伴う潰瘍、疼痛及び冷感等の虚血性諸症状の改善
  • 2.
    後天性の腰部脊柱管狭窄症(SLR試験正常で、両側性の間欠跛行を呈する患者)に伴う自覚症状(下肢疼痛、下肢しびれ)及び歩行能力の改善
用法及び用量
 

  • 1.
    閉塞性血栓血管炎に伴う潰瘍、疼痛及び冷感等の虚血性諸症状の改善には、
  • 通常成人に、リマプロストとして1日30μgを3回に分けて経口投与する。
  • 2.
    後天性の腰部脊柱管狭窄症(SLR試験正常で、両側性の間欠跛行を呈する患者)に伴う自覚症状(下肢疼痛、下肢しびれ)及び歩行能力の改善には、
  • 通常成人に、リマプロストとして1日15μgを3回に分けて経口投与する。

使用上の注意

慎重投与
 

(次の患者には慎重に投与すること)

  • 1.
    出血傾向のある患者〔出血を助長するおそれがある。〕
  • 2.
    抗血小板剤、血栓溶解剤、抗凝血剤を投与中の患者〔「相互作用」の項参照〕
重要な基本的注意
 

  • 1.
    腰部脊柱管狭窄症に対しては、症状の経過観察を行い、漫然と継続投与しないこと。
  • 2.
    腰部脊柱管狭窄症において、手術適応となるような重症例での有効性は確立していない。

相互作用

併用注意

(併用に注意すること)

  • 薬剤名等抗血小板剤
     アスピリン
     チクロピジン
     シロスタゾール
    血栓溶解剤
     ウロキナーゼ
    抗凝血剤
     ヘパリン
     ワルファリン
  • 臨床症状・措置方法
    これらの薬剤と併用することにより、出血傾向の増強をきたすおそれがある。観察を十分に行い、用量を調節するなど注意すること。
  • 機序・危険因子
    本剤は血小板凝集能を抑制するため、類似の作用をもつ薬剤を併用することにより作用を増強することが考えられる。

副作用

副作用等発現状況の概要
 

    <閉塞性血栓血管炎に伴う潰瘍、疼痛及び冷感等の虚血性諸症状の改善>
    承認時までの調査及び市販後調査において副作用集計の対象となった4,582例中184例(4.0%)に249件の副作用(臨床検査値の異常を含む)が認められた。主なものは下痢49件(1.1%)、悪心・嘔気・嘔吐22件(0.5%)、潮紅・ほてり22件(0.5%)、発疹17件(0.4%)、腹部不快感・心窩部不快感18件(0.4%)、腹痛・心窩部痛15件(0.3%)、頭痛・頭重14件(0.3%)、AST(GOT)・ALT(GPT)の上昇等の肝機能異常12件(0.3%)、食欲不振10件(0.2%)等であった。(再審査終了時)
    <後天性の腰部脊柱管狭窄症(SLR試験正常で、両側性の間欠跛行を呈する患者)に伴う自覚症状(下肢疼痛、下肢しびれ)及び歩行能力の改善>
    承認時までの調査における373例中34例(9.1%)に54件の副作用(臨床検査値の異常を含む)が認められた。主なものは胃部不快感8件(2.1%)、発疹6件(1.6%)、頭痛・頭重4件(1.1%)、下痢4件(1.1%)、貧血3例(0.8%)等であった。(承認時)
    市販後の使用成績調査等では、2,327例中136例(5.8%)に169件の副作用(臨床検査値の異常を含む)が認められた。主なものは胃・腹部不快感34件(1.5%)、腹痛13件(0.6%)、下痢10件(0.4%)、頭痛10件(0.4%)、悪心7件(0.3%)、胸やけ7件(0.3%)等であった。(再審査終了時)
重大な副作用
 

    肝機能障害、黄疸
    頻度不明
    AST(GOT)、ALT(GPT)の著しい上昇等を伴う肝機能障害、黄疸があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
その他の副作用
 

    過敏症(注1)
    0.1〜1%未満
    発疹、そう痒感等
    過敏症(注1)
    0.1%未満
    蕁麻疹
    過敏症(注1)
    頻度不明
    光線過敏症
    出血傾向(注2)
    0.1%未満
    出血
    血液
    0.1%未満
    貧血、血小板減少
    消化器
    0.1〜1%未満
    下痢、悪心、腹部不快感、腹痛、食欲不振、胸やけ
    消化器
    0.1%未満
    嘔吐、腹部膨満感、口渇、口内炎
    消化器
    頻度不明
    舌しびれ
    肝臓
    0.1〜1%未満
    AST(GOT)・ALT(GPT)の上昇等の肝機能異常
    循環器
    0.1〜1%未満
    心悸亢進
    循環器
    0.1%未満
    頻脈、低血圧、四肢のチアノーゼ、血圧上昇
    精神神経系
    0.1〜1%未満
    頭痛、めまい
    精神神経系
    0.1%未満
    しびれ感、眠気、不眠
    その他
    0.1〜1%未満
    潮紅、ほてり
    その他
    0.1%未満
    全身倦怠感、胸痛、胸部不快感、四肢痛、浮腫、乳腺腫脹、身ぶるい、下肢多毛、味覚異常

  • 頻度不明は自発報告による。
  • (注1):発現した場合には、投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
  • (注2):観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止すること。

妊婦・産婦・授乳婦等への投与
 

    妊婦、産婦、授乳婦等への投与妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には投与しないこと。〔動物実験(妊娠サル、妊娠ラット静脈内投与)で子宮収縮作用が報告されており1)、また、ヒトにおける妊娠中の投与に関する安全性は確立していない。〕
小児等への投与
 

    小児等に対する安全性は確立していない。〔使用経験がない。〕
過量投与
 

    過量投与健康成人に大量投与(30〜40μg/回)したとき、一過性の血圧下降を認めたとの報告がある2)
適用上の注意
 

    薬剤交付時
    PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導すること。〔PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔を起こして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている。〕

薬物動態

 

  • 1.
    項目名**血漿中濃度3)
  • 表1参照
  • 2.
    項目名吸収率4)(参考)
  • 90〜95%(ラット)
  • 3.
    項目名血漿蛋白結合率5)
  • 95.8%(in vitro、ヒト血漿、0.023mM、限外ろ過法)
  • 4.
    項目名主な代謝産物及び代謝経路5)(参考)
  • α鎖のβ酸化、ω鎖末端の酸化、五員環の異性化、C-9位のカルボニル基の還元等を受けて代謝される。(ラット)
  • 5.
    項目名排泄経路及び排泄率4)(参考)
  • 排泄経路:胆汁中及び尿中(ラット)
    排泄率:肝クリアランスを受けて投与量の75〜80%が胆汁中に排泄されるが、腸肝循環して投与後72時間までに糞便中に約70%、尿中に約30%が排泄された。(ラット)
  • 6.
    項目名その他6)
  • 本剤はヒトチトクロームP-450分子種(CYP1A2、CYP2C9、CYP2C19、CYP2D6及びCYP3A4)に対し、阻害作用を示さなかった。(in vitro)

表題表1(健康成人40例(t1/2及びAUC0-∞は39例)、リマプロストとして5μgを空腹時 1回経口投与)
Tmax
(h)a)
Cmax
(pg/mL)b)
t1/2
(h)b)
AUC0-∞
(pg・h/mL)b)
0.333
(0.333-0.833)
1.55±0.798 0.511±0.286 0.870±0.332

a)中央値(最小値-最大値)、b)平均値±標準偏差

臨床成績

 

  • 1.
    閉塞性血栓血管炎に伴う潰瘍、疼痛及び冷感等の虚血性諸症状の改善
  • 臨床成績二重盲検比較試験7)を含む総計138例についての臨床成績は次のとおりである。
    表2参照
    臨床成績なお、二重盲検比較試験7)において、閉塞性血栓血管炎に伴う潰瘍、疼痛及び冷感等の虚血性諸症状に対する有用性が認められている。
  • 2.
    後天性の腰部脊柱管狭窄症(SLR試験正常で、両側性の間欠跛行を呈する患者)に伴う自覚症状(下肢疼痛、下肢しびれ)及び歩行能力の改善
  • 臨床成績二重盲検比較試験8)を含む総計168例についての臨床成績は次のとおりである。なお、これらの評価は6週間投与で実施されている。
    表3参照
    臨床成績また、二重盲検比較試験8)において、後天性の腰部脊柱管狭窄症(SLR試験正常で、両側性の間欠跛行を呈する患者)に伴う自覚症状(下肢疼痛、下肢しびれ)及び歩行障害に対する有用性が認められている。

表2
対象疾患 改善率
閉塞性血栓血管炎に伴う潰瘍、疼痛及び冷感等の虚血性諸症状 56%(77/138)
表3
対象疾患 改善率
後天性の腰部脊柱管狭窄症(SLR試験正常で、両側性の間欠跛行を呈する患者)に伴う自覚症状(下肢疼痛、下肢しびれ)及び歩行障害 56%(94/168)

薬効薬理

 

  • 1.
    項目名末梢循環障害改善作用9)
  • 大腿動脈にラウリン酸を投与して作成した末梢(後肢)循環障害モデル及びアドレナリン、エルゴタミンを皮下投与して作成した末梢(尾)循環障害モデルにおいて、虚血性病変の進行を抑制する。(ラット)
  • 2.
    血流増加・皮膚温上昇作用
  • (1)
    薬効薬理大腿動脈血流量及び後肢皮膚血流量を増加し、後肢皮膚温を上昇させるが、この血流増加作用は腰部交感神経節切除によって影響されない10)。(イヌ)
  • (2)
    薬効薬理閉塞性血栓血管炎患者に経口投与すると、末梢側(足背、足底)の皮膚温が上昇する11)
  • 3.
    血小板に対する作用
  • (1)
    血小板粘着抑制作用
  • 1)
    薬効薬理血栓性疾患患者に経口投与すると、血小板粘着能が低下する12)
  • 2)
    薬効薬理血小板の粘着を抑制し、その50%抑制濃度はリマプロストとして0.186ng/mLである(モルモット、in vitro)。経口投与においても、血小板粘着を抑制する(モルモット、ex vivo)13)
  • (2)
    血小板凝集抑制作用
  • 1)
    薬効薬理血栓性疾患患者に経口投与すると、血小板凝集を抑制する。この作用の強さはプロスタグランジンI2に匹敵する(in vitro)12)
  • 2)
    薬効薬理種々の凝集誘発物質による血小板凝集を抑制し、また、ADP凝集を解離する(モルモット、in vitro)14)。経口投与においても、血小板凝集を抑制する(モルモット、ex vivo)13)
  • 3)
    薬効薬理血小板のサイクリックAMP含量を著明に増加し14)、また、トロンボキサンA2の生成を抑制する(モルモット、in vitro)15)
  • 4.
    項目名抗血栓作用16)
  • 電気刺激により腸間膜動脈に血栓を形成する実験において、用量依存的に血栓形成の閾値電圧を上昇させる。(モルモット)
  • 5.
    神経組織血流量増加作用
  • (1)
    薬効薬理第6腰椎の硬膜上にバルーンを挿入して馬尾神経を圧迫したモデルにおいて、馬尾神経組織血流量を改善する17)。(イヌ)
  • (2)
    薬効薬理第4及び第6腰椎脊柱管内にシリコンラバーを挿入して馬尾神経を圧迫したモデルにおいて、馬尾神経組織血流量を改善する18)。(ラット)
  • (3)
    薬効薬理右後肢の坐骨神経を2カ所結紮した坐骨神経結紮モデルにおいて、結紮中間部の坐骨神経組織血流量を改善する19)。(ラット)
  • 6.
    神経機能改善作用
  • (1)
    薬効薬理第7腰椎の硬膜上にバルーンを挿入して馬尾神経を圧迫したモデルにおいて、神経伝導速度の低下を抑制する20)。(イヌ)
  • (2)
    薬効薬理右後肢の坐骨神経を4カ所結紮した坐骨神経結紮モデルにおいて、結紮側大腿部筋肉の熱刺激誘発筋放電持続時間の延長を抑制する21)。(ラット)
  • 7.
    項目名痛覚過敏改善作用19)
  • 右後肢の坐骨神経を2カ所結紮した坐骨神経結紮モデルにおいて、結紮側の痛覚過敏を改善する。(ラット)
  • 8.
    項目名歩行障害改善作用18)
  • 第4及び第6腰椎脊柱管内にシリコンラバーを挿入して馬尾神経を圧迫したモデルにおいて、歩行距離の低下を改善する。(ラット)

有効成分に関する理化学的知見

 

    一般名
    リマプロスト アルファデクス Limaprost Alfadex
    化学名
    (2E)-7-{(1R, 2R, 3R)-3-Hydroxy-2-[(1E,3S, 5S)-3-hydroxy-5-methylnon-1-en-1-yl]-5-oxocyclopentyl}hept-2-enoic acid −α-cyclodextrin
    分子式
    理化学的知見C22H36O5・xC36H60O30
    分子量
    理化学的知見380.52〔ただし、リマプロスト(C22H36O5)として〕
    性状
    白色の粉末である。水に溶けやすく、メタノールに溶けにくく、エタノール(99.5)に極めて溶けにくく、酢酸エチルにほとんど溶けない。吸湿性である。

**,*包装

  • プロレナール錠5μg
    [PTP]100錠(10錠×10)、210錠(21錠×10)、500錠(10錠×50)、1,050錠(21錠×50)
    [バラ]500錠

主要文献
  • 1)
    穐本 晃,ほか:現代医療,20:817,1988
  • 2)
    山本智英,ほか:薬理と治療,9:1463,1981
  • 3)
    **大日本住友製薬資料:ヒト(健康成人)血中濃度推移
  • 4)
    宮本茂敏,ほか:現代医療,18(増II):56,1986
  • 5)
    宮本茂敏,ほか:現代医療,18(増II):80,1986
  • 6)
    大日本住友製薬資料:CYP分子種への影響
  • 7)
    草場 昭,ほか:医学のあゆみ,138:217,1986
  • 8)
    栗原 章,ほか:臨床医薬,12:511,1996
  • 9)
    北川敏一,ほか:現代医療,18(増II):1,1986
  • 10)
    北川敏一,ほか:現代医療,18(増II):12,1986
  • 11)
    木谷泰治,ほか:現代医療,20:810,1988
  • 12)
    前田義春,ほか:血液と脈管,13:142,1982
  • 13)
    Tsuboi, T., et al.:Arch. Int. Pharmacodyn. Ther., 247:89,1980
  • 14)
    Tsuboi, T., et al.:Thromb. Res., 20:573,1980
  • 15)
    主要文献名大日本住友製薬資料:TXA2生成抑制作用
  • 16)
    Fujitani, B., et al.:Jpn. J. Pharmacol., 40:31、1986
  • 17)
    伊藤邦臣,ほか:基礎と臨床,29:2577,1995
  • 18)
    竹信敬史,ほか:基礎と臨床,30:221,1996
  • 19)
    椹木博之,ほか:基礎と臨床,30:237,1996
  • 20)
    鹿山 悟,ほか:基礎と臨床,30:229,1996
  • 21)
    藤谷武一,ほか:基礎と臨床,30:245,1996

製品に関するお問い合わせ先・文献請求先

  • 主要文献に記載の社内資料につきましても下記にご請求下さい。
     
    大日本住友製薬株式会社
  • 〒541-0045 大阪市中央区道修町2-6-8
  • くすり情報センター
    TEL 0120-034-389

  • 製造販売元
  • 大日本住友製薬株式会社
  • 大阪市中央区道修町2-6-8