健康情報サイト

アムロジン錠2.5mg/錠5mg/錠10mg/OD錠2.5mg/OD錠5mg/OD錠10mg

各種お知らせ

2014年01月
アムロジン錠・OD錠  使用上の注意改訂のお知らせpdf

その他の副作用に「頻脈」を追記しました。

2012年06月
2012年06月 アムロジン錠2.5mg/錠5mg/錠10mg,OD錠2.5mg/OD錠5mg/OD錠10mg 用法・用量の一部変更,使用上の注意改訂のお知らせpdf

小児の「用法・用量」の追加及び相互作用の追加をいたしました。

2010年08月
アムロジン錠2.5mg/錠5mg/錠10mg/OD錠2.5mg/OD錠5mg/OD錠10mg 相互作用の変更pdf

併用注意の項に「CYP3A4阻害剤、 CYP3A4誘導剤、グレープフルーツジュース」を追記しました。

2013年09月
アムロジン錠2.5mg/錠5mg 包装変更のお知らせpdf

個装箱、PTPシートのデザインを変更致します。

2013年06月
アムロジンOD錠2.5mg/OD錠5mg/OD錠10mg 局方収載ならびに包装変更のお知らせpdf

局方収載に基づき、個装箱、容器ラベル、添付文書の販売名称に局方名を併記致します。
併せてPTPデザインを一部変更いたします。

2012年12月
アムロジン錠10mg 錠剤ならびに包装変更のお知らせpdf

錠剤ならびに包装(PTP)変更をいたします。

製剤情報

販売名 アムロジン錠2.5mg
規制区分 劇、要処方
有効成分 アムロジピンとして2.5mg(アムロジピンベシル酸塩3.47mg)
添加物 結晶セルロース、無水リン酸水素カルシウム、デンプングリコール酸ナトリウム、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロース、酸化チタン、タルク、カルナウバロウ
色・剤形 白色のフィルムコート錠
外形
大きさ 【直径】約6mm 【厚さ】約2.8mm 【重さ】0.10g
識別コード 535
  • *1 画面表示の都合上、色調は実物と若干異なる場合がありますので、ご注意ください。
  • *2 各製品により保存方法は異なりますので、詳細は添付文書でご確認ください。
    室温保存:1から30℃
    冷所保存:15℃以下

剤形写真(*1)

アムロジン錠2.5mg

製剤写真一覧

販売名 アムロジン錠5mg
規制区分 劇、要処方
有効成分 アムロジピンとして5mg(アムロジピンベシル酸塩6.93mg)
添加物 結晶セルロース、無水リン酸水素カルシウム、デンプングリコール酸ナトリウム、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロース、酸化チタン、タルク、カルナウバロウ
色・剤形 白色の割線入り フィルムコート錠
外形
大きさ 【直径】約8mm 【厚さ】約3.5mm 【重さ】0.21g
識別コード 536
  • *1 画面表示の都合上、色調は実物と若干異なる場合がありますので、ご注意ください。
  • *2 各製品により保存方法は異なりますので、詳細は添付文書でご確認ください。
    室温保存:1から30℃
    冷所保存:15℃以下

剤形写真(*1)

アムロジン錠5mg

製剤写真一覧

販売名 アムロジン錠10mg
規制区分 劇、要処方
有効成分 アムロジピンとして10mg(アムロジピンベシル酸塩13.87mg)
添加物 結晶セルロース、無水リン酸水素カルシウム、デンプングリコール酸ナトリウム、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロース、酸化チタン、タルク、カルナウバロウ
色・剤形 白色の割線入りフィルムコート錠
外形
大きさ 【直径】約8.4mm 【厚さ】約4.0mm 【重さ】0.26g
識別コード DS537
  • *1 画面表示の都合上、色調は実物と若干異なる場合がありますので、ご注意ください。
  • *2 各製品により保存方法は異なりますので、詳細は添付文書でご確認ください。
    室温保存:1から30℃
    冷所保存:15℃以下

剤形写真(*1)

アムロジン錠10mg

製剤写真一覧

販売名 アムロジンOD錠2.5mg
規制区分 劇、要処方
有効成分 アムロジピンとして2.5mg(アムロジピンベシル酸塩3.47mg)
添加物 軽質無水ケイ酸、メタクリル酸コポリマーLD、タルク、クロスカルメロースナトリウム、ポリソルベート80、黄色三二酸化鉄、水酸化ナトリウム、ヒプロメロース、D-マンニトール、トウモロコシデンプン、クロスポビドン、ヒドロキシプロピルセルロース、アスパルテーム(L-フェニルアラニン化合物)、タウマチン、フマル酸ステアリルナトリウム、香料
色・剤形 淡黄色の素錠
外形
大きさ 【直径】約6mm 【厚さ】約2.7mm 【重さ】0.08g
識別コード DS571
  • *1 画面表示の都合上、色調は実物と若干異なる場合がありますので、ご注意ください。
  • *2 各製品により保存方法は異なりますので、詳細は添付文書でご確認ください。
    室温保存:1から30℃
    冷所保存:15℃以下

剤形写真(*1)

アムロジンOD錠2.5mg

製剤写真一覧

販売名 アムロジンOD錠5mg
規制区分 劇、要処方
有効成分 アムロジピンとして5mg(アムロジピンベシル酸塩6.93mg)
添加物 軽質無水ケイ酸、メタクリル酸コポリマーLD、タルク、クロスカルメロースナトリウム、ポリソルベート80、黄色三二酸化鉄、水酸化ナトリウム、ヒプロメロース、D-マンニトール、トウモロコシデンプン、クロスポビドン、ヒドロキシプロピルセルロース、アスパルテーム(L-フェニルアラニン化合物)、タウマチン、フマル酸ステアリルナトリウム、香料
色・剤形 淡黄色の割線入り
外形
大きさ 【直径】約7mm 【厚さ】約3.0mm 【重さ】0.12g
識別コード DS572
  • *1 画面表示の都合上、色調は実物と若干異なる場合がありますので、ご注意ください。
  • *2 各製品により保存方法は異なりますので、詳細は添付文書でご確認ください。
    室温保存:1から30℃
    冷所保存:15℃以下

剤形写真(*1)

アムロジンOD錠5mg

製剤写真一覧

販売名 アムロジンOD錠10mg
規制区分 劇、要処方
有効成分 アムロジピンとして10mg(アムロジピンベシル酸塩13.87mg)
添加物 軽質無水ケイ酸、メタクリル酸コポリマーLD、タルク、クロスカルメロースナトリウム、ポリソルベート80、黄色三二酸化鉄、水酸化ナトリウム、ヒプロメロース、D-マンニトール、トウモロコシデンプン、クロスポビドン、ヒドロキシプロピルセルロース、アスパルテーム(L-フェニルアラニン化合物)、タウマチン、フマル酸ステアリルナトリウム、香料
色・剤形 淡黄色の割線入り
外形
大きさ 【直径】約8mm 【厚さ】約3.5mm 【重さ】0.19g
識別コード DS574
  • *1 画面表示の都合上、色調は実物と若干異なる場合がありますので、ご注意ください。
  • *2 各製品により保存方法は異なりますので、詳細は添付文書でご確認ください。
    室温保存:1から30℃
    冷所保存:15℃以下

剤形写真(*1)

アムロジンOD錠10mg

製剤写真一覧

関連学術情報

アムロジン特定使用成績調査(PARTNER Study)

アムロジン特定使用成績調査(PARTNER Study)中間報告別ウインドウで開く

アムロジンとARB併用時の有効性と安全性を検討した、アムロジン特定使用成績調査(PARTNER Study)の中間報告の結果です。
原著論文へ

アムロジン特定使用成績調査(PARTNER Study)中間報告 Subgroup Analysis別ウインドウで開く

アムロジン特定使用成績調査(PARTNER Study)中間報告の解析対象から、アムロジンとイルベサルタンの併用症例を抽出し、追加解析をおこなった試験です。
原著論文へ

アムロジンと10mg処方

アムロジンと10mg処方 会員さま用

アムロジンの紹介動画です。Capter1では1日1回10mg処方の検討と長時間作用型であるアムロジンのユニークな特性の紹介をしています。Capter2ではアムロジン10mg処方について福岡県 中間医師会おんが病院の吉田哲郎先生に文献報告を中心に解説いただきました。

腎機能チェッカー(eGFR・CKDリスク計算機)

腎機能チェッカー(eGFR・CKDリスク計算機)別ウインドウで開く 一部会員さま用

本腎機能チェッカー(eGFR・CKDリスク計算機)は、CKD診療ガイド2012に基づき、血清クレアチニン及び血清シスタチンCについてそれぞれの推算糸球体濾過量(eGFR)が算出できます。さらに、年齢や蛋白尿、血尿、血圧値等の6-7項目について、患者さんの背景を入力頂くことで、今後10年間にCKDステージ3に進展するリスクを算出することも可能です。是非ご活用下さい!
(本資材は、筑波大学腎臓内科学教授 山縣邦弘先生にご監修いただいております。)

TRAD10

TRAD10別ウインドウで開く

「高血圧患者における高用量の長時間作用型Ca拮抗薬の服用時間に対する検討」をご案内します。

Amlodipine Global Viewpoint

Amlodipine Global Viewpoint

「Amlodipine Global Viewpoint」の海外文献を翻訳して提供しています。

カル・グレ

カル・グレ

カル・グレは、日頃注意が必要な、グレープフルーツジュースとCa拮抗薬の相互作用について、「ふとした疑問」から「専門的な疑問」までを、東京大学大学院薬学系研究科 医薬品情報学講座 教授 澤田康文先生に幅広く解説いただきました。

New Vascular Imaging シリーズ 新しい血管系の画像診断

New Vascular Imaging シリーズ 新しい血管系の画像診断 会員さま用

最新の血管系画像診断を動画で紹介するNew Vascular Imaging シリーズのWeb版です。

アムロジンOD錠 SUITAB-NEX技術の特徴

アムロジンOD錠 SUITAB-NEX技術の特徴動画別ウインドウで開く

特定の患者さんに便利なバリアフリー製剤ではなく、あらゆる患者さんに便利な『ユニバーサルデザイン製剤』を目指してSUITAB-NEX技術で製造されたアムロジンOD錠。更なる苦味の軽減、製剤の安定性・強度を向上しています。詳細は動画をご覧ください。