薬剤師へ エキスパートが届けるメッセージ

薬剤師へ エキスパートが届けるメッセージ
毎月第1火曜日更新

薬局薬剤師としてこれから対人業務を積極的にするうえで押さえておかなければならないポイントを、それぞれの分野のエキスパートがお届けします。

Vol.7 求められる薬局ガバナンス

赤羽根 秀宜氏

中外合同法律事務所 パートナー 薬事・ヘルスケア・医療グループ代表

令和元年の薬機法改正において薬局のガバナンスの強化が求められ、令和3年8月1日に施行がされます。この改正は、薬局での様々な不祥事があったこと等からされたものであり、コンプライアンス(法令遵守)のために求められるものと考えられます。このコラムでは薬局のガバナンスやコンプライアンスについて現場の視点も踏まえて解説します。

  • 第1回  NEW

Vol.6 地域連携の押さえたいポイント

孫 尚孝氏

株式会社ファーマシィ医療連携部長 / 東京薬科大学客員教授 / 神戸薬科大学非常勤講師 / 帝京大学非常勤講師

2021年8月より都道府県による「地域連携薬局」「専門医療機関連携薬局」の認定制度がスタートします。中でも地域連携薬局には「入退院時における医療機関との連携」が求められます。当コラムでは、株式会社ファーマシィで医療連携部長を務める孫氏が、入退院時の多職種連携を中心にそのポイントについて全4回にわたりお伝えしていきます。

  • 第3回  NEW
  • 第2回 
  • 第1回 

Vol.5 薬歴から考える患者アプローチ

山本 雄一郎氏

I&H株式会社 学術研修部長 / 有限会社アップル薬局 代表取締役 / 熊本大学薬学部 臨床教授

薬歴に関する質問や患者からの質問を題材にして、それらの薬歴に足りないものを考えていきます。なぜ処方変更がないと薬歴に書くことがないのか、なぜ患者は同じ質問を繰り返すのか、薬歴がごちゃごちゃするのはなぜなのか、そしてストックフレーズ垂れ流しの服薬指導がなぜダメなのか。I&H株式会社学術研修部長の山本氏が全4回にわたりお伝えていきます。

  • 第4回 
  • 第3回 
  • 第2回 
  • 第1回 

Vol.4 多職種連携におけるコミュニケーションのポイント

佐藤 健太氏

株式会社医療経営研究所 取締役 コンサルティング部長

「医療機関をはじめとする関係機関との連携」が掲げられる昨今の薬局業務において、薬局、薬剤師の価値を一層高めていくためにも、多職種間の連携促進が欠かせません。当コラムでは、そのために必要なコミュニケーション力を高めていくポイントについて、“伝え方コンサルタント”として、全国各地の病院、薬局、介護施設等で研修や講演を実施している株式会社医療経営研究所の佐藤氏が、全4回にわたり分かりやすく説明していきます。

  • 第4回 
  • 第3回 
  • 第2回 
  • 第1回 

Vol.3 糖尿病患者の服薬アドヒアランス不良にどのように対応するか

富永 佳子氏

新潟薬科大学 健康推進連携センター 教授

薬剤師の職能発揮をテーマとし、アドヒアランス、コミュニケーションなどに焦点をあて、実証的な研究の推進に取り組んでいる新潟薬科大学 健康推進連携センターの教授である富永氏が、アドヒアランスとは何かを改めて見直し、どのようにしてアドヒアランス不良の患者への対応を図っていくのが良いかを、人間の認知のしくみからお伝えしていきます。

  • 第4回 
  • 第3回 
  • 第2回 
  • 第1回 

Vol.2 薬局におけるクレームマネジメント

富澤 崇氏

株式会社ツールポックス代表取締役、城西国際大学薬学部准教授

クレームはどうして発生するのか?クレーム発生のメカニズム、やってしまいがちなNGな対応、正しい対応の仕方、クレームを起こさないための予防策などを、薬局における業務改善や医療従事者のコミュニケーションに関する研究者であり、保険薬局の人事・教育・採用のコンサルティングも手がける富澤氏が、全4回にわたりお伝えします。

  • 第4回 
  • 第3回 
  • 第2回 
  • 第1回 

Vol.1 薬剤師のキャリアデザイン

西鶴 智香氏

キャリア・ポジション 代表

「薬剤師のキャリア」をテーマに、20年以上にわたり働く薬剤師のキャリアカウンセリングを担当してきた国家資格キャリアコンサルタントの西鶴氏が、「自分が納得できるキャリア」にするための、考え方やヒントを全4回にわたりお伝えします。

  • 第4回 
  • 第3回 
  • 第2回 
  • 第1回