日本パーキンソン病・運動障害疾患学会 第5回 PDナース研修会


パーキンソン病への理解を深め、適切に看護できる人材の育成を目的に、日本パーキンソン病・運動障害疾患学会が主催となり、「PDナース研修会」が開かれています。2017年10月28日に東京品川で開催された「第11回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス」の「第5回 PDナース研修会」から、疾患理解に欠かせない大切なポイントをまとめます。

パーキンソン病患者の転倒対策 環境を工夫して安全な暮らし

鈴木一平先生

座長:小林庸子先生、国立精神・神経医療研究センター病院 身体リハビリテーション部 医長
解説:鈴木一平先生、国立精神・神経医療研究センター病院 身体リハビリテーション部 理学療法士

  1. パーキンソン病患者さんの転倒の傾向
  2. パーキンソン病患者さんの歩行の特徴

パーキンソン病患者が利用できる医療福祉サービス

花井亜紀子先生

座長:小林庸子先生、国立精神・神経医療研究センター病院 身体リハビリテーション部 医長
解説:花井亜紀子先生、国立精神・神経医療研究センター病院 医療連携福祉相談室 緩和ケア認定看護師・退院支援看護師

  1. 経済的負担を支援するための医療費制度
  2. 生活の質を高めるための介護・福祉サービス

事例検討

事例1:パーキンソン病患者の転倒対策における事例検討

菊池汐里先生

座長:梅津珠子先生、国立精神・神経医療研究センター病院 看護師長
解説:菊池汐里先生、国立精神・神経医療研究センター病院 看護部

事例2:パーキンソン病患者が利用できる医療・福祉サービスの事例

菊池汐里先生

座長:梅津珠子先生、国立精神・神経医療研究センター病院 看護師長
解説:菊池汐里先生、国立精神・神経医療研究センター病院 看護部

事例3:パーキンソン病患者が利用できる医療・福祉サービスの事例

三好智佳子先生

座長:梅津珠子先生、国立精神・神経医療研究センター病院 看護師長
解説:三好智佳子先生、国立精神・神経医療研究センター病院 看護部