シュアポスト:特性


シュアポストの特性

主な副作用は低血糖・低血糖症状126例(15.1%)、振戦34例(4.1%)、めまい・ふらつき28例(3.3%)、空腹感27例(3.2%)等でした(効能・効果の一変承認時)。重大な副作用として、低血糖、肝機能障害、心筋梗塞(頻度不明)が報告されています。

  1. 食事療法・運動療法を行っても血糖コントロールが不十分な2型糖尿病患者に対する治療

関連情報

糖尿病/シュアポストについてもっと知る