レミッチ:安全性薬理試験及び毒性試験 - 安全性薬理試験


1. 中枢神経系に及ぼす影響(ラット、サル、マウス)*1~6

ラットにおける1,000μg/kg以上の経口投与により、一般症状・行動における抑制性の変化及び自発運動の軽度な低下が認められた。サルにおける0.5μg/kg以上の静脈内投与により、一般症状・行動における抑制性の変化が認められた。マウスにおける100μg/kg以上の経口投与により、自発運動及び協調運動に対する抑制作用ならびに1,000μg/kg以上の経口投与でペントバルビタール誘発睡眠時間延長作用を示した。ラット自発脳波試験において、3μg/kg以上の皮下投与で覚醒期の増加、徐波及び速波睡眠期の減少、10μg/kg以上で速波睡眠潜時の延長、30μg/kgで徐波睡眠潜時の延長が認められ、1,000μg/kg以上の経口投与により体温低下作用が認められた。

2. 心血管系に及ぼす影響(イヌ)*7,8

覚醒イヌにおける10μg/kg以上の経口投与により、血圧低下及び心拍数の増加が認められたが、最高用量の300μg/kgまで心電図に影響は認められなかった。麻酔イヌにおける0.1μg/kg以上の静脈内投与により、血圧低下及び心拍数の減少傾向が認められたが、最高用量の10μg/kgまで心電図に顕著な影響は認められなかった。

3. 呼吸器系に及ぼす影響(イヌ)*9

覚醒イヌにおいて300μg/kgまで経口投与しても、呼吸数及び動脈血中の種々のパラメータに対する影響は認められなかった。

4. 腎・泌尿器系に及ぼす影響(ラット)*10

ラットにおいて10μg/kg以上の経口投与により尿中電解質の変化をもたらし、300μg/kg以上で尿量を増加させた。

5. 自律神経系に及ぼす影響(in vitro*11

アセチルコリン、ヒスタミン及び塩化バリウムによるモルモット摘出回腸の収縮作用に対する影響を検討したところ、1,000nmol/Lまで影響を及ぼさなかった。

6. 消化器系に及ぼす影響(マウス)*12

マウスにおいて1,000μg/kgの経口投与により腸管輸送能抑制作用が認められた。

*1 社内資料(承認時評価資料):ラットの一般症状、行動および自発運動に対する影響(in vivo
*2 社内資料(承認時評価資料):サルの一般症状および行動に及ぼす影響(in vivo
*3 社内資料(承認時評価資料):マウス自発運動および協調運動に対する作用(in vivo
*4 社内資料(承認時評価資料):マウスに対する麻酔作用(in vivo
*5 社内資料(承認時評価資料):ラット脳波に対する作用(in vivo
*6 社内資料(承認時評価資料):ラット正常体温に対する作用(in vivo
*7 社内資料(承認時評価資料):覚醒イヌを用いた心血管系に対する影響(in vivo
*8 社内資料(承認時評価資料):麻酔イヌにおける心血管系に対する影響(in vivo
*9 社内資料(承認時評価資料):覚醒イヌを用いた呼吸系に及ぼす影響(in vivo
*10 社内資料(承認時評価資料):腎/泌尿器系に及ぼす影響(in vivo
*11 社内資料(承認時評価資料):自律神経系に及ぼす影響(in vitro
*12 社内資料(承認時評価資料):胃腸管系に及ぼす影響(in vivo