レミッチ:薬物動態 - 代謝(外国人データ、in vitro)


1.代謝(外国人データ、in vitro*1,2

(健康成人)
健康成人男子6例を対象に、トリチウムで標識したレミッチ®を静脈内に単回投与したときの薬物動態を検討したところ、主代謝物は脱シクロプロピルメチル体(de-CPM)であり、その他にグルクロン酸抱合体(NFA-G)が認められた。
in vitro
in vitro代謝評価系による検討から、主代謝酵素はCYP3A4であった。

2.レミッチ®の推定代謝経路(ヒト)*1,2

*1 社内資料(承認時評価資料):健康成人における吸収、代謝、排泄の検討
*2 Ando A. et al.: Biopharm. Drug Dispos. 33(5): 257, 2012