メトホルミン塩酸塩錠MT「DSPB」


ビグアナイド系経口血糖降下薬メトホルミン塩酸塩錠250mg/500mgMT「DSPB」

メトホルミン塩酸塩錠250mg/500mgMT「DSPB」の製品特性

  1. 本邦初めてのメトグルコのオーソライズド・ジェネリック (Authorized Generic:AG)です。
    • 先発医薬品メーカーの認定を受け、先発医薬品と同一の原薬・添加物・製造方法で製造されたジェネリック医薬品です。
  2. 原薬・添加物および製造方法は先発医薬品と同一です。
  3. 効能・効果は、先発医薬品と同一です。

    2型糖尿病
    ただし、下記のいずれかの治療で十分な効果が得られない場合に限る。
    (1)食事療法・運動療法のみ
    (2)食事療法・運動療法に加えてスルホニルウレア剤を使用

【副作用】
重大な副作用として、乳酸アシドーシス、低血糖、肝機能障害、黄疸、横紋筋融解症があらわれることがあります。
主な副作用は、下痢、悪心、食欲不振、腹痛、嘔吐、乳酸上昇等が報告されています。
添付文書の副作用の項および臨床成績の項の安全性の結果をご参照ください。

製品基本情報

先発医薬品との比較
~ メトホルミン塩酸塩錠250mg/500mgMT「DSPB」・一般的なジェネリック医薬品 ~

先発医薬品との比較 メトホルミン塩酸塩錠250mg/500mgMT「DSPB」 メトホルミン塩酸塩錠の一般的なジェネリック医薬品
有効成分 同一 同一
効能・効果 同一 同一
原薬・添加物 同一 異なる場合がある
製造方法 同一 異なる場合がある
形状・色・味 同一 異なる場合がある
製剤の安定性 同一 異なる場合がある
製造場所 同一 異なる

メトホルミン塩酸塩錠250mg/500mgMT「DSPB」製剤写真・包装の取り組み

メトホルミン塩酸塩錠MT「DSPB」製剤写真・包装の取り組み
メトホルミン塩酸塩錠「DSPB」製剤写真・包装の取り組み

関連情報