健康情報サイト

ようこそゲストさま

主要病原真菌の姿

アスペルギルス

深在性真菌症の原因として、アスペルギルスを筆頭に、カンジダ、クリプトコッカス、ムーコルなどの接合菌が4大原因真菌といわれています。
ヒトと同じ真核生物である真菌は、原核生物である細菌とは異なり、構造が複雑で、菌糸や分生子を形成します。それが深在性真菌症の治療を難しくしています。
ここでは、生きた真菌の姿を映像で紹介します。アスペルギルスの分生子がつくられる様子は、初めて撮影に成功した貴重な映像です。

監  修:
帝京大学 名誉教授 山口英世
長崎大学医学部第二内科 教授 河野茂
学術指導:
帝京大学医真菌研究センター 助教授 西山彌生
東邦大学医学部病院病理学講座 教授 渋谷和俊
日本赤十字社医療センター呼吸器内科 副部長 安藤常浩
協  力:
北里大学医学部病理学講座 講師 久米光 (現所属:日本医科大学 客員教授)
東邦大学医療センター大森病院
日本赤十字社医療センター

アスペルギルス

ご確認ください

未読のメッセージがあります。
マイページで確認しますか?

マイページを見る ログアウトする