健康情報サイト

ようこそゲストさま

ポリファーマシー 多剤併用の現状と課題・解決編

ポリファーマシー 多剤併用の現状と課題

特に高齢患者さんの多剤併用(ポリファーマシー)や残薬はニュースで取り上げられるほど、わが国では問題となっています。
当コンテンツでは、その「現状」と「課題」についてご紹介します。
高齢者の平均投与薬剤数や、ポリファーマシーを改善する理由とは何か…、ぜひご覧ください。

多剤併用の現状と課題(Q&A)はこちら

ポリファーマシー 多剤併用の現状と課題・解決編

医師や薬剤師、看護師などの様々な視点から、多剤併用の問題点を解決するポイントを伺いました。

大西内科ハートクリニック

〈患者さんの行動変容を促す〉ための取り組み

済生会京都府病院

〈薬剤総合評価調整加算取得〉に関する取り組み

東京大学医学部附属病院 老年病科
教授 秋下雅弘先生

Expert's comment
〈ポリファーマシー問題の現状と今後の課題〉

東京大学医学部附属病院 老年病科
×国立長寿医療研究センター 薬剤部

〈多職種連携で減薬を目指すプロジェクトチーム〉の取り組み

ご確認ください

未読のメッセージがあります。
マイページで確認しますか?

マイページを見る ログアウトする