主要抗真菌薬とアスペルギルス

主な抗真菌薬のアスペルギルスに対する抗真菌活性を実験映像で確かめました。用いた抗真菌薬は次の3剤です。

  • キャンディン系抗真菌薬ミカファンギン
  • トリアゾール系抗真菌薬ボリコナゾール
  • ポリエン系抗真菌薬アムホテリシンB

【方法】

  • 菌種はAspergillus fumigatus アスペルギルス・フミガーツス。
  • 感染時の菌形態である菌糸を伸ばした状態のアスペルギルスに対する抗真菌活性を、顕微鏡で観察・撮影。
  • 培地はMIC測定時と同じRPMI1640(通常培地)、および生体内環境により近づけるためRPMI1640からグルコースを除き10%の血清を加えたもの、2種類を用意。

【結果】

主な抗真菌薬のアスペルギルスに対する抗真菌活性を記録した映像を、以下にまとめました。
各薬剤とも2種類の培地で観察しています。それぞれの条件の画像をクリックすると、動画の再生が始まります。

監修
帝京大学 名誉教授 山口英世
長崎大学医学部第二内科 教授 河野茂
学術指導
帝京大学医真菌研究センター 助教授 西山彌生
東邦大学医学部病院病理学講座 教授 渋谷和俊
日本赤十字社医療センター呼吸器内科 副部長 安藤常浩
協力
北里大学医学部病理学講座 講師 久米光 (現所属:日本医科大学 客員教授)
東邦大学医療センター大森病院
日本赤十字社医療センター

RPMI 1640(通常培地)

グルコース(-) 血清(+)