今、深在性真菌症が注目される理由


年々増え続ける深在性真菌症の検出頻度をご紹介します。また、好中球減少症患者さんにみられる持続性発熱の原因の1つに真菌感染があることをデータでご紹介します。

剖検症例は語る

医療の高度化、患者の高齢化に伴って急増する深在性真菌症の実態をデータで紹介します。発熱を伴う好中球減少症(FN:Febrile Neutropenia)の原因のひとつにも、深在性真菌症があるといわれています。

発熱性好中球減少症の影に

発熱性好中球減少症が持続する患者さんに対して、広域スペクトル抗菌薬による初期治療で解熱しない場合、発熱原因の45%が真菌であることが示されています。真菌以外の原因として、細菌およびウイルス感染症、GVHDなどが挙げられます。