日常生活の注意|ファブリー病情報室


疼痛発作の引き金となる原因を避ける

ファブリー病の疼痛発作は、体力の消耗、精神的なストレス、疲労、環境の温度や湿度の急激な変化によって引き起こされます。日ごろからこのような発作因子をなるべく避けるようにしましょう。

腎臓にやさしい食事を心がける

腎臓にやさしい食事を心がける

ファブリー病は腎臓に障害をもたらす可能性があります。腎臓の機能に影響がでていなくても、塩分やタンパク質の取りすぎには十分注意しましょう。

喫煙はしない

喫煙はしない

ファブリー病では呼吸器の症状についても報告があり、喫煙者の場合、その程度は重度になります。心臓や肺の機能を維持するために、喫煙はしないようにしましょう。

身体の変化に気をつける

ファブリー病は腎臓や心臓、脳血管などの臓器に対しても影響を及ぼすことがあります。定期的な検査、診察はもちろん、ご自身(お子様の場合は保護者の方)でも体調の変化には十分気をつけましょう。異常を感じることがあったらすぐに主治医へ相談しましょう。

関連情報

医療費の負担を減らす制度

資材請求

ファブリー病:患者さん向け資材一覧

ファブリー病:医療関係者向け資材一覧